知らないと損するお風呂の換気の常識!窓を開けて換気扇をまわすのがNGの理由と、効率のいい換気方法を解説

効率良くお風呂を換気する方法を解説します。

梅雨の時期、お風呂のカビや湿気が特に気になる時期だと思います。

みなさんはお風呂上り、どのようにお風呂を換気していますか?

実は、良かれと思っていることが実は換気の効率を悪くしていることがあります。

本日は、効率よくお風呂を換気する方法を解説します。

ぜひ、お風呂を長く綺麗に保つために、参考にしてください。

入浴後に浴室の窓を開けて換気扇を回していませんか?

みなさんは普段お風呂を出るときにどのように換気されていますか?

「換気扇を回して浴室の窓を開ける」という方も多いのではないでしょうか。

なんとなく、窓を開けたほうがしっかり換気できそうなイメージですよね。

実際換気扇を回しながら窓を開けると、外からの風が入ってきて、お風呂がしっかり換気できているような気持ちになります。

ですが、この「換気扇を回して浴室の窓を開ける」方法はあまりおすすめできません。

実は、良かれと思って窓を開けると、浴室の換気効率が悪くなります。

なぜお風呂の窓を開けると換気効率が悪くなるのか

なぜお風呂の窓を開けて換気扇を回すと換気効率が悪くなるのでしょうか?

それは空気の流れが関係しています。

窓を開けて換気扇を回すと、確かに外からの乾燥した空気は入ってくるのですが、それはすぐに換気扇に取り込まれてしまいます。

外からの乾燥した空気がお風呂全体にいきわたるわけではないので、湿気のこもった空気は床や壁などに残ったままになってしまいます。

床や壁に湿気が残ってしまうことで、カビの原因にもなってしまいます。

それでは、どのように換気するのが効率が良いのでしょうか。

それは、「浴室ドアの吸気口を開けて、換気扇をまわす」ことです。

効率よく浴室内を換気する方法を解説

浴室のドアには、図のようなスキマが設置されています。

これは「ガラリ」という空気の取り入れを行う給気口です。

窓とドアを閉めて、この「ガラリ」を開けて換気扇をまわすのが、効率よく浴室を換気する方法です。

この「ガラリ」から取り込まれた空気が、床や壁など浴室内全体に空気の流れをつくることで、効率よく空気が入れ替わります。

つまり元々特別に何かをしなくても効率の良い換気ができるように、お風呂は設計されているということですね。

もしご自宅の浴室ドアに「ガラリ」がない場合は、少しだけドアを開けることで、代わりになります。

正しい知識で、お風呂を長く綺麗に使用できるように

いかがでしたか?

本日は、効率のいい浴室の換気方法をご紹介いたしました。

浴室は家族みんなが毎日使う場所です。

汚れやすい場所でもありますが、カビはアレルギーの原因にもなるので、家族の健康のためにもできる限り綺麗に使っていきたいですね。

以上、参考になれば嬉しいです。

当店のブログでは、大切な家を長く綺麗に保ち、快適に生活できる情報を発信しています。

また、奈良で浴室リフォームなどをご検討中の方は、ぜひ当店にご相談ください

毎日の入浴時間が快適になるお手伝いができればと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ご相談・お見積り無料です。お気軽にお問い合わせください。0742-61-5581受付時間 9:00-17:00 [ 日・祝日は休業 ]

協同ホームサービスへのお問い合わせ メールでのご相談・お見積り依頼はこちらから