【最新状況】「子育てエコホーム」補助金申請、開始2ヶ月でリフォーム予算の15%を消化

子育て世帯や若者夫婦世帯を中心に、すべての方が住宅リフォームに活用できるお得な補助金制度「子育てエコホーム支援事業」
この補助金に対する予算の消化率が6月24日時点で15%に達しました。
今回は「子育てエコホーム支援事業」の進捗状況と、前年の「こどもエコすまい支援事業」と比較して早期終了の可能性などをお伝えいたします。

【最新】「子育てエコホーム支援事業」どんなリフォームが対象になる?具体的にご紹介します

【最新】2024年注目のリフォーム補助金「子育てエコホーム支援事業」実はどんなリフォームでももらえるというわけではありません!どんなリフォームが対象なのか、具体的…

6月24日現在、リフォームの予算の15%を消化

最新の進捗状況としては、「子育てエコホーム支援事業全体では予算に対する補助金申請額の割合は42%となっており、その内訳は新築が27%、リフォームが15%の消化率となっています。
前年の「こどもエコすまい」では新築・リフォームで予算の区別がありませんでしたので、同条件での比較はできませんが、同じ6月24日時点で消化率は51%となっています。
ですので、全体としては前年の「こどもエコすまい」と同じ、あるいは少し遅いペースで申請がすすんでいると言えるでしょう。

ただし、前年度より予算の消化率が緩やかな原因として、「子育てエコホーム」を含む「住宅省エネ2024キャンペーン」の申請受付開始が遅れていたといった要因もあります。当初の4月中旬開始予定であったものが5月に入っても開始されていなかったこともあり、多くの工事の申請が遅れているという現状があるります。
実際、弊社でも、事務局のシステムエラーにより申請がしばらくできなかったということがありました。
現在はシステムエラーの多くは解消されてきているようですが、複数の事業を組み合わせて申請する「ワンストップ申請」にいたっては6月24日現在も受付開始がされておらず、開始時期も未定とされています。

このように補助金事務局のシステムエラーなどで申請自体が遅れている状況ではありますが、今後システムの不備が解消されると、一気に申請数・申請額が増える可能性もあります。

「子育てエコホーム支援事業」早めの申請がおすすめです

前年の「こどもエコすまい」は7月28日に予算の増額があったものの、9月28日という早期に補助金制度が終了してしまいました。
2024年度の「子育てエコホーム」でも、交付申請期間の12月31日よりも早期に終了する可能性が高いと考えられます。予算としては総額が新築 2,100億円、リフォームは400億円となっており、リフォームでは5月までに累計で39億4,285万円を消化しています。

たくさんの方が活用されている「子育てエコホーム支援事業」、弊社でもすでにたくさんのお客様のリフォームで申請中です。
「子育てエコホーム」を活用したリフォームをご検討中のお客様は、早めにご相談されることをおすすめいたします。

弊社では「子育てエコホーム」を中心に「住宅省エネ2024キャンペーン」の申請状況を毎日確認し、申請可能なお客様に対しては制度の活用を提案させていただいております。
各補助金制度の利用には細かい条件がありますが、弊社では補助金を利用するためだけの、条件に満たないお客様への必要以上のご提案や不要なリフォーム工事のおすすめは一切いたしませんのでご安心ください。


「子育てエコホーム」を活用したリフォームについて、奈良にお住まいの方はぜひ一度、弊社にご相談いただければと思います。

ご相談・お見積り無料0742-61-5581受付時間 平日9:00-17:00/土曜9:00-12:00 [ 日・祝日は休業 ]

お問い合わせ 公式LINE、メールでのご相談・ご依頼はこちらから